読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TATY's Blog

想い想いのことだったり、海外で暮らしていた時のことだったり。

<鈴木式ノート> 実際に使ったからオススメできるし、これが理想だ!

今日は語学に関すること。英語の長文を精読する際などに使っているノートの取り方について書いていこうと思う。

 

f:id:basedontaty:20170201100216p:plain

これがそのノートの使い方で、借用元は 鈴木 暁(1999)「中級フランス語の効果的学習教授法 - 理想的なノートの作り方」『Les Lettres francaises』
19, 67-75.からである。

 

このノートの取り方は実に自分が高校生の時に英語の授業中に、英語が得意な女の子から教えてもらったもので、高校時代はこれのおかげで少しは英語を毛嫌いせずにいられたものである。

現在、塾講としてアルバイトをしている関係で、中学生や高校生のノートをよく見ることがあるのだが、この鈴木式のノートの使い方をすればもっと見やすくなるのではないかと常々思う。

 

まず1~6まであるのでそれらを細かく見ていこう。

1.原文のコピーを貼る

原文のコピーを貼る意味は、知らない文章などを手書きで書くと、写し間違いなどがある可能性があるし時間短縮になるからだ。

これもまた、塾講として働いている時に生徒さんに品詞分解をしてもらうと、本文の写し間違いをしている人が何人もいることがわかった。

間違いに気づかないまま、書いた文章を精読してみたり音読をしても効果が薄いだけでなく、正しい英語が身につかないのだ。

 

2.単語、語句、構文など

単語に関しては発音記号と読み方を書いておくことを強くオススメする。

僕はこれを怠ってしまったがためにセンター試験の発音問題が解けないし、発音するのが下手くそだ。無論、ネイティブの人と会話をすることはできるけれども、クオリティの高い発音を目指すにはこうした細かい作業は必ず必要なのだ。

 

3.内容について調べたことなど

TOEFLやIELTSなどのアカデミックな文章を読む時にこれは役に立ちます。もちろん教科書の文でも使い勝手がいいのですが、その文章に関する背景知識や文法事項についての解説をきちんと自分で調べて書く、コピーしたものを貼り付けておくことで見開き2ページでわかりやすいノートが完成するわけです。

 

4.質問・疑問

画像にある通り、自分の言葉にして書くこと。

単語の意味も一つの単語につき複数ある場合などはこの欄にメモしておくといいと思うし、訳せそうにない部分をここにきちんとなぜ訳せないのかを理由とともに書いておくことって大切なわけです。

僕は普段から新書などを読む時にわからないところに線を引くだけでなく、なぜ理解できないのかをメモしておくようにしています。これをすることで、見直しにより意味を持たせることができるのです。(だってなんで印をつけたのかわからなくなってしまうじゃないですか...)

 

5.翻訳

まずは自力で辞書を駆使して、訳してみること。模範の訳がある場合は自力で訳したものは消さずにペンの色を変えて書いておくと自分の間違いをわかりやすく残しておくことができます。

 

6.原文を手書きで写す

辞書で単語を調べ、自力で訳し、構文も書き出した後ならば手書きで写すことに大きな意味を持ちます。

TOEFLや学校のテストに必要なスペルを定着させるのにも使えるはずですし。

 

結局さ...

筆者はこのノートの取り方をしていたことで英文への苦手意識が薄れて、確かに成績は向上しました。Readingは4分野の中で一番苦手ですが、見開き2ページに必要な情報を残しておくことは、時間を費やしてでも大切なことなのではないかと思います。

ぜひ皆さんもこのやり方を真似するもよし、アレンジするもよしで有効活用してください。

英語以外にさまざな言語に利用できるのが鈴木式ノートの取り方なので!

 

海外に出る前にやっておけば良かったと思うこと

タイトルにあるように今日は日本を出る前に知っておけたら良かったと思ったことたちをシェアしていきます。

 

日本史を学ぶ

これは、佐藤優さんもいっきに学び直す日本史という本で冒頭部分におっしゃているのですが

 

いっきに学び直す日本史 近代・現代 実用編
 

海外に行ってみて、日本について聞かれることはよくあります。世界史を知っているのも大切だけれども、自分の国について知らないのは正直言って論外です。

マンガで学べる日本史でもいいので、きちんと日本史に対する理解を深めておくと良いでしょう。

 

宗教についての学びを深める

僕のバイト先に様々な宗教について知っている人がいて、いつも勉強になります。

日本は宗教に疎い国と思われており、だからこそイスラム国などの仲裁に立てる立場にあるのではないかと期待をされていた時期もありました。

どこの国へ行くにしろ、日本を出ると信仰を強くしている人に出会うことが結構あります。例えば、仲良くなったブラジル人の子はユダヤ教を信じており、僕にお前の宗教はなんなんだと普通に聞いてきたりします。

宗教と聞いて、バリアを張るのではなくここまで熱烈に支持されているものを知ろうとするのも大切なのではないかと思います。

 

勉強の仕方を身につけておく

急にハードルが上がったかのように感じる人もいるかもしれません。が、勉強のやり方は知っておくべきです。

どんな環境下に置かれてもきちんと勉強できるようにすることはとても大切。周りに流されずにコツコツと学ぶ姿勢を保てるようになれるのが理想ですよね(そう、理想です。僕も学ばなければいけないことばかり)。

 

覚えること、暗記をすることを馬鹿にせずにきちんとやること。これを毎日のルーティンに組み込めるように、30分でもいいから単語帳と触れる時間を設けることが必要です。

復習をすること、音読をすること。こんなことやってられないよ!と思うかもしれませんが、これら基本的なことってとても大切です。

 

トレンドに振り回されない

 

basedontaty.hatenablog.com

 この記事でも紹介したのですが、日本の急速な消費文化に振り回されないこと。

ドラマを見逃しても死にません。笑 

 

まとめ

どれも読書がメインとなる事かもしれません。基本的な料理ができるようにしておくのもとても大切です。

日本食を作ってくれと頼まれることは多いですし、文化を紹介するいい機会にもなると思うので。

 

 

 

人種差別のない国なんてあるんかいな?と思った話

人種差別のない国

このタイトルを見て、「そんな国あるんかい?」だと思われる方はどの程度いるのでしょうか?

ぶっちゃけて言うと、そんな国はないと思います。

だからこそ、大学で政治やメディアについて学びたいと考えた理由の一つに、人種差別をできれば縮小できないか?と考えたからです。

よく、いじめをなくすだとか、ゴミのない場所にするだとかキャッチフレーズとして使われているものを目にするけれども、実際のところ100%無くすことってほぼ不可能なことではないでしょうか。

世の中にはどうしてもかなわない、コントロールすることが不可能なことってたくさんあります。人種差別をする人々をなくすことも、世の中にある自分ではコントロールできないことの中の一つなのではないかと私は思います。

 

そもそも人種差別って?

人種差別(じんしゅさべつ、英語racial discrimination)とは、人間人種民族国籍地域において、その特定の人々に対して嫌がらせ、いじめなどの行為や差別をすることである。世界的、歴史的に、各種の事例が存在している。

 

というのがWikipediaにある大まかな定義。(人種差別 - Wikipedia

 

 

東南アジアには人種差別がない?!

私の尊敬する先輩の一人と話していた時に、こんなことを言われました。「私が行ったことあるのは人種差別のない東南アジアとかだから、人種差別についてはよくわからないの」...

私はどの国や地域にも人種差別って存在すると思うので、これを聞いた時の私の顔はきっと怪訝だったと思います。

 

現に日本の歴史上にも存在してきたわけですし、留学先はマオリ族という先住民族が住んでいる国だったので、マオリ族が乗ってはいけないバスがあるとまではいきませんが、マオリに対する偏見の目だとかが存在するという事実はあります。

そう、100%人種差別がないだなんて言い切れる場所なんてないのではないだろうか(ないない続きでごめんなさい)。

 

じゃあ、縮小するにはどうするのさ?

長い歴史の中で、なかなかこうした差別問題がなくならないのには色々な原因があるはずです。

根絶できないなら、少しでも減らしていけないのかな?と思うわけですが、私は自分がこうして書いている記事が少しでも多くの人に読んでもらって、「下手な文だけど、わかるよ君の言いたいこと。こういう考え方って大切だよね」と感じて欲しいという重いからこれを書いているわけです。

 

日本人が普段使っている「外人」という言葉ですが、外国人の略称だと思って使っているこの言葉でさえ差別用語だと感じる人もいるようです。

日本に住む外国の人の中には、日本に住んでいるのだから英語では話しかけてくるのではなくて日本語でまずは話しかけてくるべきと考えている人もいると聞きました。

 

結局さ、

無意識的にやっている行動が人を傷つけてしまうことってよくあります。

海外に行くと、自分が日本人であることを再認識する機会以外にも、自分が「アジア人」であることがたくさんあるはずです。現に、様々な先輩方とお話をさせてもらうと、アジア人というカテゴリーとして自分が見られることが多いという話をたくさん聞きます。

 

最後まで読んでくださった方、そうでない方、お前の言っていること違うだろ!と思う方もいるかもしれませんが、このエントリーをきっかけに一度考えてくれたら嬉しいです。

それが大きな変化への一歩になればいいなと思うので。

 

 

 

Casey Neistatに憧れて...

前回の投稿からしばらく期間をあけての投稿になる。

いろいろと書いてみようと思った内容はあったのだが、バタバタとしていてなかなかうまくいかなかった。そんな矢先にみんな大好きYoutubeを見ていたら、Casey Neistatが日々のVlogをやめるということを発表したのだ。


i'm ending the vlog

 

ショックだった。タイムラプスから始まり、ニューヨークを走り回り、箱を雑にあけて質問コーナーをするという、ほとんどのVlogerが使用している手法を確立したのはこの人だからだ。

写真を撮ることを趣味としていたことがある。結局は時間に追われたり、自分の計画性の無さから写真を撮るにもうまくいかなかったので、中途半端なままやめてしまった。

 

けれども、タイトルにもあるように私はCaseyに憧れていてほとんど毎日彼の動画を見ることが日課となっていたし、自分もいつか彼のような手法を使ってVlogを作ってみたいと思い、Final Cut Proを購入したりもしたものだ。

 

Caseyが動画の中でこんなことを言っていた。”毎日動画を作ることはもう自分にとってはチャレンジではなくなってしまった。だからやめるんだ。”

様々なことに挑戦し、経験を経て生きてきた彼のように自分も、思い立ったこの勢いを利用してやりたいことに積極的に挑戦していきたい。

 

では、具体的に何に挑戦するのか?

  1. 毎日の生活の中に運動と勉強を組み込む
  2. 自分の時間を大切にする
  3. 様々な時間を人と共有する、キャプチャーする

これから日本へ行くにあたって、もっともっと勉強をしていきたい。遊んできた部分を取り戻すためにも。

自分のために読書やいろいろな記事を読んでノートに書き出していきたい。

積極的に人とコンタクトをとって、人と触れ合うことを大切にする。

そして、その時間を共有する...ブログ更新しないと。

 

 

【アメリカ大統領選について】Wednesday Morningを聴いて思ったこと

11月9日にトランプ氏が大統領選に勝利したことを受けて...

正直な話、政治について話すのは苦手です。僕は親と政治や宗教に関しての価値観についての意見交換はできる限りしないようにしています。

理由は簡単、信じているものが違うから。

 

今年の大きなニュースの一つに、トランプ氏が大統領選に勝利したことがあります。アメリカから程遠い国ニュージーランドにも大きなショックを与えましたし、世界中の友達がFacebookにそれぞれの意見を投稿していたのが記憶に新しいできことです。

f:id:basedontaty:20161122165816j:plain

画像元:

US Election 2016 Results - BBC News

自分が今掲げている将来の夢という観点から考えると、メディアから常に大きな批判を受けていたトランプが勝つということはメディアの汚さだったり弱点を明るみにしたような気がするものです。

 

メディア志望として、このことについて書くまいかどうか迷っていたなか、イタリア人のオックスフォードに通う友達から" Wednesday Morning"という曲を紹介してもらいました。


Macklemore - Wednesday Morning

日本にも今年来日をしていたMacklemoreの新曲で選挙が行われるSuper Tuesdayの後の水曜日の朝がタイトルというところからも、この曲が選挙についてだということがわかります。

 

海外留学を大学にいる間、もしくは院は海外で過ごそうと考えていた僕にとってアメリカがトランプを選んだことや、イギリスのEU脱退は大きなショックでした。

 

結局...

来年から政治と経済を学ぶ学部で政治を主に勉強する僕としては何かを知っているべきです。僕の経験では、あまり政治について熱心に語っている生徒って見たことがなかったのですが、運がいいことに私のクラスにはそういう生徒さんたち、たくさんいました。

結局、僕は何も知らなかったのだなと。テレビや新聞を鵜呑みにするだけでなく、どこか他人事のようで危機感を特に持つことなく選挙を見守っていただけなんだなということを再認識した。

 

紹介したWednesday Morningの歌詞にこうある。

"Imagine tryin' to keep your head while your daughter sleeps in bed/ When she wakes up, will the world be the same?/ Will my girl be afraid in the home of the brave?"

一票の重みというのものを感じさせる歌詞だ。そしてこんな歌詞もある

"Humanity is a privilege; we can't give in/ When they build walls, we'll build bridges,"

"This is resistance; we're resilient/ When they spread hate, we shine brilliant; march by the millions."

 

真実はこうだ。女性差別も人種差別もなくならないしどんなに頑張ってもトランプが大統領になることを避けられはしない。

もちろんトランプの発言は過激だし、まさにMadWorldだと思うけれども、なくならないこうした差別への認識を広げて、少しずつなくしていくことならできるんじゃないだろうか?

 

自らきちんとした下調べをして、発言をしていくこと。小さな声も誰かしらが聞いてくれるはず。そうこのブログのように...(なにをカッコつけて締めくくってるんだ...)

 

 

 

留学生活でわたしが大切に思う考え方や価値観について

終わりを迎えるいまだからこそ...

本帰国の準備をしている今、気持ちは晴れやかで馴染みの街での最後の暮らしを友達とドライブに行ったり、ゆっくりと読書をしたり(あまり勉強ははかどってないけれど)して過ごしている。本帰国を迎えようとしているからこそ、自分の長い海外生活に達成感を感じてしまうのかもしれない。

 

尚、このエントリーが多くの人に読んでもらえたので、これは自分の下手な日本語に校閲をかけたverです。

 

basedontaty.hatenablog.com

初めて書いたこのエントリーでも異文化に触れ合って感じたことを書いたんだけれども今回はその続きとして、深い内容になればいいと思う。 

長くなりますが、ご一読を。

 

同じ土俵にいないことをきちんと認識する

よく英語での授業についていけるだとか、友達はできるのか?人種差別にあったりはしないのかという質問を親戚だったり、知人たちにされることが時たまある。

正直をいうと、学校からは門限や飲酒の禁止(未成年でなくても)だったり、外出の制限をかなりされる。もちろんこれは留学生の安全を守るという面目としてとても大切なルールであるし、規則を破ると厳しい罰則がされることが度々ある。

留学生にこうした特別なルールを課すことで、現地の生徒との交流は大いに妨げられるので、ぶっちゃけ「どうやって英会話したり現地の人と仲良くなるんだよ!」と思ってしまう。

また、日本語でも理解が難しい数学や物理なり化学を、英語で理解していい点数を残せるわけがない。そんな時は、それが当たり前だと割り切ってしまう他にない。

 

そして後輩の留学生に、どのようにして現地の友達ができたのかだとか、英語の上達法について聞いてきてくれる子がしばしばいるけれども、アドバイスをしたところでそれを実践に移してくれる子なんてほとんどいないのではないだろうか?

 ”留学生”というタイトルを提げている限り、その足枷は外せない。ということは、必死に勉強をして、必死にコミュニケーションをクラスメートと取らなければいけないのではないか。

あくまでも、自分が他の生徒とは同じ土俵に立っていないことを再認識して努力をしていかないといけない気がする。だからこそ私は「留学生だから」という言い訳はせずに、同い年の人間として認めてもらえるように頑張ってきたつもりだ。

日本のトレンドを追わない

日本の流行に振り回されていたらきりがない。

どんなドラマやお笑い芸人が流行っているだとか、最新のJ-POPを気にしていても帰国している時には全部変わっているくらいの日本が消費文化であることを頭にいれておくこと。

わざわざ日本を出たのだから、外の空気を吸って、今という時間を大切にする。そんなことよりも日本のニュースを逆に英語で見るだとかなら一石二鳥じゃないかな?

わたしがお世話になっているサイトはこちら。

www.asahi.com

 

www.japantimes.co.jp

 

一日という区切りで生きる

今日という日を一日で生きることが留学生活では特に大切だ。

これは道は開けるという有名な自己啓発本の中に詳しく書かれているので一読をぜひしてほしい。

 

道は開ける 新装版

道は開ける 新装版

 

 一度に何個のことをやろうとしてしまわないで、砂が砂時計のくびれを通過するがごとく、丁寧にやらなければいけないことを向き合おう。

宿題なりテスト勉強なり、なれない第二言語でやろうとすると余計に難しいのだから。

 

目に見える成果を待ち続けない

留学をすればすぐに英語が話せるようになると思っている人がいる。けれども、語学の上達なんて目に見えにくいものだから、焦ってはいけないと思う。

例えばTOEICや英検といった目に見えるものさしで結果を判断するのなら公平な結果が見えてくる。けれども、英語を使わずして喋れるようになるわけがない。

 

わたしが通っていた教会で司教さんがこんなことを言っていた。「洗礼を受けた後だとか、聖書の通りに生きようと決めたばかりの時は人のためにお祈りをしたり、いい行動をしようとせっせと動く。けれども今のあなたはそうか?多くの人がその質問にNoというだろう」

これは留学生の多くにも通づるのではないのだろうか?

留学したての頃は、ドキドキとワクワクを抱えて友達づくりや英語の上達を夢見てきたと思う。

時には初心を思い出しながら、ひたすら行動する他に上達は見えない。

 

日本人留学生は日本人といつもいる?!

これはよく欧州圏の留学生に指摘された。だけれども、もちろんみんながみんなそういうわけでなく中には積極的に他の留学生とのアプローチを取る人なども見てきた。

 

ここで言いたいのは、日本人が日本人と一緒に集まることには多様性が見られないということだ。特に移民の多いアメリカやニュージーランドという国々では、集まると両親のルーツや文化の違いから顔も、アクセントも、食習慣も、体格も、髪の色も違う。

日本にも先住民族とされる人々はいたが、ニュージーランドのようにマオリ族が話すマオリ語が公用語とされていることはないし、それらが共存しているという認識も薄い気がする。

 

英語が話せるのは大前提なのだ。

「英語がペラペラ」という言葉はあまり好きではないし、周りに英語ペラペラ?なんて聞かれると僕はまだまだ、という風に思う。なぜなら、これから経済や政治について討論するなんて言われたら正直尻込みしてしまう。常に上には上がいることを忘れずに生きていくことや英語が話せるということに対しての定義が人によって変わることを忘れてはいけないと思うからこそ「英語がペラペラ」という言い方は苦手だ。

 

人々が持っている宗教観だったり、バックグラウンド、経済やその国の政治観についての学びを深めて、ようやくグローバルな人間になれるのではないかと思う。

 

 

留学生活は長いようで短い。新天地で、異文化とふれあうことに怖じ気つかないでほしい。

 

 

私が四年くらい海外で暮らしていて思ったこと、気づいたこと

この記事を書いていくことで、自分が過ごしてきた時間たちを振り返られたらいいなと思い、書くことにした。タイトルにある通り、私が約四年間、日本を離れていて感じたことをつらつらと書いていく。

f:id:basedontaty:20161111132145p:plain

そこから車で3時間ちょっとかけた場所で約3年と半年以上暮らしていた

 

意外と答えられない滞在国との違い

お正月にある親戚の集まりから、面接のある大学入試、バイトの面接にまで、この質問を聞かれることが多いという。

「日本とやっぱり違う?」「外国の女の子は可愛い?」などに見られる、母国である日本との違いを聞かれるのだ。

 

一見簡単に見えるこの定番の質問は、意外と厄介なものだ。何故ならば、長期間滞在していると母国との違いなどを特に気にすることもなく過ごしてしまいがちだからである。

「あなたは日々気を配りながら海外という特異な場所で過ごしてきましたか?」ということを大学を聞いているわけなのだ。

海外の人は個性が強いだとか、意見を主張しやすいというふうに日本では考えられているかもしれないが、正直なところみんな人間であることに変わりはないので典型的な日本人とされているShyな人もいるし、うるさい人もいるし...という感じなのが実態な気がする。

もちろん個性的な文化は存在するのだが... それはまたの機会に詳しく書いておきたい。

 

日本の学生の学習量はやっぱり半端ない

僕の滞在国にいる学生たちは、びっくりするくらい勉強をしない。人によってはクラスをサボる人なんてごまんといるし、気づいたらマクドナルドに行ってるなんてことはよくある。

それなのに、学生生活最後!という日に限ってみんなクラスに出席していて先生も苦笑いだったりした思い出がある。

たいていの学生たちは将来の夢だったり計画が定まっていて、そのために進路を決めている人が多いので取る必要のない授業には来なかったりするし学校をやめてしまう人もいる。これが日本との違いかも。

 

そして、日本には大学受験があり、そこにはセンター試験がある。人によっては浪人しなければいけないこともあるリスキーな試験のためにほとんどの学生は命がけで勉強をしている。

こういった「命がけで学生が勉強する」なんて姿は日本を離れてからというものめっきりと見かけなくなった。高校三年生にならない限りは、単位を必死に取るだとか給付型の奨学金を取るための課外活動などを始める子達がいなかったりするのだ。

こうして大学受験というプレッシャーに翻弄されることもなくのんびりと暮らして来れたのは、目に見える確かなものを手に入れられたわけではないと思うけれどもいい経験になったかもしれないし、自分のやりたいことを見つけるのにいい時間になった。

 

自分で考えることの大切さ

数学や物理以外のほとんどの教科で出される課題は自ら調べ物をしてレポートやエッセイとして出さなけれないけない。

なかなかの長文(3000語程度がたいてい)をストラクチャーに入れて書いて行かなければいけない。これは日本の大学の論文と似ているのではないかと思う(日本の大学行ったことないけれど)。もちろんWikiをソースとするのは禁止だし、PM2.5がこれからどのような地域で見られるか?だとか大都市で見られる、土地の値段に大きな差が見られるのはなぜか?などがテーマとして出されたら、母国語が日本語の私には辛くて仕方がなかった(ワクワクもしたけれど)。

 

2016年は国際政治的にかなりイベントフルな一年になった。だから、授業中に最近話題のニュースについて意見を交わしている姿をよく見かけた。日本の教室内でトランプやクリントンに関することやEUについて学生が討論している姿はなかなか想像しにくいのという僕の本音である。

日本という先進国で生まれたからには自分で政治や自分の国について議論できるほどの知識を持っていたり、アンテナを張っておくことの必要性を感じた。

 

意思疎通を取ることの大切さ

人の顔を伺って、言葉を選びながら友達と会話をしているのが日本で美徳とされ、それが日本の文化だと”したら”、ホームステイ生活をしてきたわたしが大切に感じたのはいかに”Ask"すること。

それは普通の会話でも、「水をいただいてもいいか?」だとか「お手洗いを借りてもいいか」という基本的なところ言える話なのだが、臆せずに相手に質問をする。些細なことでも常識の範囲内ならば質問をすることが大切だと思う。口は言葉を発するためにある。そして英語などの言語を頑張って学んできたのも会話、言葉のキャッチボールをするためなのではないか?

頑張ってたくさん覚えた単語も、使わなければ意思疎通は取れない。それが原因で自分の考えていることを伝えられないのはとても損なことだ。

 

助け合うこと

キリスト教の信者が一番多い国にいたので周りには教会がたくさんあった。

"Sharing is caring"なんていう文句があるように、お菓子を分けてあげるとこにはじめ、助け合いの精神が旺盛だ。

留学当初のころはつたない英語でコミュニケーションをとっていると、よく発音を直してくれたりだとか、学校行事でキャンプに行くときなんかはありとあらゆる人が懐中電灯やらテントやらを貸してくれた。

見ず知らずの、何ヶ月か知らない黄色人種の僕にそうして分け隔てなく世話をしてくれたことは忘れられない思い出だ。

 見返りを求めるのではなく、わたしという人間がやってあげたいから助けてあげるというスタンスをもつ人々は見ていて清々しいし、かっこいい。

キリスト教の教えだから人を助けるわけではなく、自然とできるようになるのが理想だ。

 

ここまで、拙い文章だが読んでくださってとても感謝している。私がこれまで書いてきたことに対して、賛否が分かれるかもしれないが、様々な経験を通して培ってきた自分の大切にしている価値観を共有できて嬉しい。それを尊重してくれる人に会えることってとても重要だし、そんな人たちを大切にしなければいけないと思う。

では、また次回。